加工事例

革の傷見本の製作

傷や血管の跡をシボ加工で実現

自動車、かばん、雑貨などあらゆるところに革が利用されています。そもそも本革は生き物の皮膚なので血管の跡や細かい傷などがあります。革製品を加工する現場では傷のチェックをして、それに応じて分類する工程があるのですが、その際の判断基準となる傷見本の製作のご依頼をいただき、実際の革を見てシボ加工技術を用いて見本を作りました。

戻る